脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。

スパーク新着情報

  • HOME »
  • スパーク新着情報

【運動ゲームが、発達障害児の脳の神経連結の改善】

【運動ゲームが、発達障害児の脳の神経連結の改善】 我々スパーク協会は「スパーク運動療育®」で、すでに500人以上の自閉症やADHDなどの発達障害児の脳の機能を劇的に改善してきました。 いよいよ数多くのお問い合わせをいただ …

【いよいよ定型発達児に向けた、スパーク運動療育®はじまります!】

【いよいよ定型発達児に向けた、スパーク運動療育®はじまります!】 清水貴子さんが開発した「スパーク運動療育®」で、4年間で500名を超える自閉症、ADHDなど発達障害児の脳の発達を劇的に改善。 「定型発達児童にもぜひ!」 …

【運動すると幸福感を感じるホルモンの分泌が増える】

【運動すると幸福感を感じるホルモンの分泌が増える】 運動はメンタルにも効果あり♪ 脳内で幸福感を感じるホルモン=セロトニンの分泌が増加♪ 幸福感が高まり、ストレス解消にも役立つんです♪ http://googirl.jp …

【まさに、私たちスパーク協会が実践している、グリーンスパン博士が提唱するDIR/フロアタイム】

【まさに、私たちスパーク協会が実践している、グリーンスパン博士が提唱するDIR/フロアタイム】 逃げ回る自閉症の男の子が唯一髪を切らせてくれたのがこの体制。 「子供と同じ立場に立つ。それで信頼関係ができあがっただと思う。 …

運動は脳を良い状態にして、体だけでなく学習や認知などの機能も高めます。

運動は脳を良い状態にして、体だけでなく学習や認知などの機能も高めます。発達障害の改善にも有効なのです。

【大切なのはIQじゃない。

【大切なのはIQじゃない。考え、創造すること】 こう語るのは、2歳のときに自閉症と診断され、靴ひもを結ぶことすらできないと診断された13歳の少年。 私たちスパーク協会は、彼のような子どもたちを「スパーク運動療育®」で、サ …

【脳の疲れをとるには、ウォーキングやジョギングが有効】

【脳の疲れをとるには、ウォーキングやジョギングが有効】 現代人は、絶えずストレスを抱え、肉体的な疲れよりも、「脳の疲れ」を抱えている。 こう指摘するのは『「脳の疲れ」がとれる生活術』の著書、東邦大学医学部・有田秀穂教授。 …

【息切れするほどの激しい運動で、記憶力が向上する】

【息切れするほどの激しい運動で、記憶力が向上する】 そう♪ だから『脳を鍛えるには運動しかない』 これ、当スパーク協会の特別顧問であり、ハーバード大、ジョン・レイティ博士の世界的ベストセラーのタイトル♪ http://h …

【認知機能低下抑制には、魚油サプリよりも、運動がオススメ!】

【認知機能低下抑制には、魚油サプリよりも、運動がオススメ!】 世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない!』の著者・ハーバード大学レイティ博士からのメッセージ。 「スパーク協会」は、『脳を鍛えるには運動しかない!』『 …

「現代の働き方」を叶えるためには、なによりも「あなたが健康である」ということ。

「現代の働き方」を叶えるためには、なによりも「あなたが健康である」ということ。そのためには、まず、睡眠不足と肥満対策を。

« 1 48 49 50 51 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP