脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。

スパーク新着情報

  • HOME »
  • スパーク新着情報

当スパーク協会・酒井重義理事が雑誌『近代柔道』に

当スパーク協会・酒井重義理事が雑誌『近代柔道』に 在独ジャーナリストの高松平藏さんとの対談。10月21日(土)発売♪ 社会的な存在としてスポーツが位置付けられているドイツを一つの道標として、教育、福祉のインフラとしてスポ …

たった週に1度1時間だけ。

たった週に1度1時間だけ。 それでも、運動をした人は、うつ病の発症率が低い。 世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』の著者であり、当スパーク協会特別顧問、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェ …

「自然の中を90分間歩くことで、不安とうつ病は改善され、心を癒される」

「自然の中を90分間歩くことで、不安とうつ病は改善され、心を癒される」 当スパーク協会特別顧問でハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪

「運動が暗い精神状態から彼女を救い出した」

「運動が暗い精神状態から彼女を救い出した」 と、当スパーク協会・名誉顧問でハーバード大、ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

「運動と脳の関係。

「運動と脳の関係。10分動けば仕事の効率が上がる。 このことを知っているから、我々、スパーク協会のスタッフは全員、毎日体を動かす人生をしています」 と、当スパーク協会・岡田達雄会長。 https://viralmedia …

「20代の外出、70代下回る=スマホ普及、自宅で完結―6割が“引きこもり”を自認」。

「20代の外出、70代下回る=スマホ普及、自宅で完結―6割が“引きこもり”を自認」。 今日は体育の日。 当スパーク協会特別顧問・鈴木寛(東京大学・慶應義塾大学)教授がFacebookでシェアしていた記事。

運動が認知症の発症を遅らせることができる

運動が認知症の発症を遅らせることができる 当スパーク協会・特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪ 「運動は脳の新しいニューロンの数を増やすだけでなく、細胞の形状や働きを変化させることも …

東大合格めざすオードリー春日さんの記憶力アップの方法は?

東大合格めざすオードリー春日さんの記憶力アップの方法は? 日テレ『得する人損する人』で紹介されていた方法は、自転車をこぎながら勉強すること! 春日さん、アパートの中で固定した自転車漕いでいました。笑 この方法、当スパーク …

スパーク協会 特別顧問 鈴木寛氏

この度、理事から特別顧問に就任頂いた鈴木寛氏をご紹介します。 政治家で、社会学者でもある鈴木寛氏。 1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、86年通産省入省。 その後、慶應義塾大学助教授を経て、2001年参議院議員初当選 …

『へんてこな贈り物』(原題は”Driven to Distraction”) Edward M. Hallowell M.D. (著), John J. Ratey M.D. (著)

『へんてこな贈り物』(原題は”Driven to Distraction”)によって、注意欠陥障害という特性の存在がアメリカ中に知れ渡ったと言われています。 共同著者の、当スパーク協会の特別顧問で …

1 2 3 25 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP