脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。
スパーク新着情報

Sparking Life

うつ病患者にとってジムは最高の薬

うつ病患者にとってジムは最高の薬 ミシガン州立大学の調査では、うつ病患者に運動を処方したところ、患者の80%以上が「不安を軽減し気分を改善するのに役立った」と回答。 メンタルヘルスクリニックとトレーナーや運動施設との提携 …

認知症の改善に 「本山式筋トレ」

「異常な頻尿の原因は認知症予備軍」と診断された松崎しげるさん(67) その改善のために始めたのが2017年7月27日号『週刊文春』でも紹介されていた 「本山式筋トレ」。 これは足を肩幅の二倍に開き、手を胸の前でクロスして …

わずか1週間で運動の利点を感じることができる

わずか1週間で運動の利点を感じることができる 退役軍人のための支援グループの活動にも運動が取り入れられている。 当スパーク協会特別顧問・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

ウォーキングよりもダンス♪ しかもヒップホップ!

ウォーキングよりもダンス♪ しかもヒップホップ! ヒップホップを踊る中高年の身体能力は驚異的に高まることが判明! 体だけではなく、生き方にも変化が。 NHK『クローズアップ現代』 http://www.nhk.or.jp …

「進行性前立腺がんの患者を治療するために

「進行性前立腺がんの患者を治療するために 放射線療法や化学療法などの伝統的な治療と一緒に、運動を処方する」とクイーンズ大学ベルファスト。 当スパーク協会特別顧問で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より …

一日の始まりを最大限に活用するために。

一日の始まりを最大限に活用するために。役立つ5つの方法とは♪ 当スパーク協会特別顧問でパーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪

「運動せず、座りっぱなしの生活は、心身の両面に重大なリスクをもたらす。

「運動せず、座りっぱなしの生活は、心身の両面に重大なリスクをもたらす。“Sitting is the new smoking.”」 こう話すのは『脳を鍛えるには運動しかない!』の著者であり、当スパーク協会特別顧問・ジョン …

ランニングであなたの人生をどう変えたかをランナー達に聞いたら、答えは?

「ランニングであなたの人生をどう変えたかをランナー達に聞いた。 ランナーの4分の3が精神面での健康効果を報告している」 当スパーク協会の特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

「朝一番は静かに座って読書」という従来の教育方針を変える学校

スパーク協会 代表理事の岡田です。 共感します! 私たちが推進している「0時限体育」は、運動が脳を良い状態にして学ぶ準備を整えるという最新の脳科学の研究成果を踏まえたものですが、「朝一番は静かに座って読書」という従来の教 …

2週間の中等度の運動でも、2型糖尿病と糖尿病予備軍の方の全身のインスリン感受性が改善される。

2週間の中等度の運動でも、2型糖尿病と糖尿病予備軍の方の全身のインスリン感受性が改善される。 当スパーク協会の特別顧問でハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

1 2 3 26 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP