脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。
スパーク新着情報

Sparking Life

ランニングは、抗うつ 薬の効果と 同じ脳変化を作り出します。

ランニングは、抗うつ薬の効果と同じ脳変化を作り出します。 当スパーク協会特別顧問であり、『脳を鍛えるには運動しかない』の著者で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪

有酸素運動は, あなたの脳のためにできる最も重要な課題です。

有酸素運動は, あなたの脳のためにできる最も重要な課題です。 あなたの能力を高め、集中力を高めます。 当スパーク協会の特別顧問で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪

新鮮な空気、自然光、鮮やかな色がすべて脳機能に大きな影響を及ぼす。

新鮮な空気、自然光、鮮やかな色がすべて脳機能に大きな影響を及ぼす。だから、休息は屋内よりも屋外で行うことが理想的だ。 当スパーク協会特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

脳の悪化を減らして加齢に伴う衰退を防ぐのに役立つ脳由来神経栄養因子(BDNF)という化学物質を産生するように運動すると、報道されている。

脳の悪化を減らして加齢に伴う衰退を防ぐのに役立つ脳由来神経栄養因子(BDNF)という化学物質を産生するように運動すると、報道されている。 データは、有酸素運動が高齢者の脳の大きさの劣化を遅らせることができることを示した。 …

かつて自身がアルコール中毒で、弟を麻薬中毒で亡くした女性

かつて自身がアルコール中毒で、弟を麻薬中毒で亡くした女性 ブリッグスを救ったのは、深呼吸と瞑想、ヨガでした。 彼女はヨガ講師になり、中毒からの回復を目指す人を手助けする活動を行っています。 当スパーク協会特別顧問であり、 …

「子供たちは毎日運動をしなければならない」

「子供たちは毎日運動をしなければならない」 ところが、残念なことに、学校での運動はあまりにも限定されているか、なされていない。 当スパーク協会特別顧問で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

「有酸素運動は子供をより賢くすることができるかもしれない」

「有酸素運動は子供をより賢くすることができるかもしれない」スペインの科学者の研究。 当スパーク協会特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。

食べ過ぎ、ヘビースモーカー、ワーカホリック。

食べ過ぎ、ヘビースモーカー、ワーカホリック。不眠症。パニック障害。彼女の内側には穴が開いていた。それをうめることができたのは瞑想。数ヶ月後には解放された。 当スパーク協会の特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士 …

脳トレーニングの効果を高めるエクササイズ

脳トレーニングの効果を高めるエクササイズ 『Journal of Cognitive Neuroscience』に掲載された興味深い新しい研究によると、激しい運動と脳トレーニングを組み合わせることで、すでに頭がよく働いて …

有酸素運動がもたらす多くの健康上の利点

有酸素運動がもたらす多くの健康上の利点のうち、 注目すべきものは、体重減少、心血管の健康増進、不安の軽減、気分をコントロールできることです と当スパーク協会特別顧問で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がコメント♪

1 2 3 27 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP