脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。
スパーク新着情報

スパーク運動療育®︎の考え方

スパーク運動療育®︎の考え方 – その③

【スパーク運動療育®︎の考え方③】 スパーク協会では、発達障害やグレーゾーンの子どもを対象に運動療育を行っています。 目的は、感情の自己調整力とコミュニケーション力を高めること。 感情の自己調整力(Self-regula …

スパーク運動療育®︎の考え方 – その②

【スパーク運動療育®︎の考え方、その②】 幼児期の子どもに必要なことは… 発達障害やグレーゾーンの子どもに限らず、幼児期の子どもに必要なのは、自分の興味や好奇心から自主的に行う「遊び」を通して得られる社会的な …

スパーク運動療育®︎の考え方 – その①

【スパーク運動療育®︎の基本的な考え方】 発達障害が増加する現代社会 地球環境問題も同じですが、発達障害の増加という社会問題は、現代の社会づくりに対する警鐘と言えます。 今、私たちの社会は軌道修正を求められているのです。 …

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP