脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。
スパーク新着情報

運動と脳

 発達障害児の療育と言っても、いろいろなものがあります。

発達障害児の療育と言っても、いろいろなものがあります。学習塾、体操教室、ソーシャルスキルトレーニング(SST)などなど。 大切なことは、子どものニーズは一人ひとり違うので、保護者の方がそれを見極めて自分の子どもに合った事 …

集中力やコミュニケーション力など社会的な能力を高めるには?

集中力やコミュニケーション力など社会的な能力を高めるには、大人の指導ではなく、子ども同士が体を使って夢中になって遊ぶことが必要です。 スパーク運動療育®では、運動療育士®や保護者が子どもの興味や好奇心を膨らませて一緒に遊 …

【運動療育士®︎の資格認定講座2日目】

【運動療育士®︎の資格認定講座2日目】  スパーク運動療育®のコンセプトは「共動・共感」です。これは、大人が子どもに何かを教えるのではなく、大人と子どもが同目線で共に心を動かし、体を感じて一緒に成長するという意味です。あ …

【9月度前半の資格認定講座始まる!】

【9月度前半の資格認定講座始まる!】 25年ぶりと言われる昨日の強烈な台風によって各地で大きな被害がありました。東京も強風に見舞われましたが皆さまの地域は大丈夫でしたか? そんな強風の中、9月度前半の「運動療育士®︎」の …

【スパーク運動療育®︎の公開講座と資格認定講座】

【スパーク運動療育®︎の公開講座と資格認定講座】  スパーク協会では、発達障害やグレーゾーンの子どもの心に働きかけるアプローチで感情の発達を促すスパーク運動療育®︎を全国に普及するために、公開講座と運動療育士®の資格認定 …

【スパーク運動療育®︎を地域で実践する】

【スパーク運動療育®︎を地域で実践する】 子どもは、幼少期の遊びを通じて我慢することや力加減など、感情のコントロールや身体の感覚についてたくさんのことを学びます。ところが、大人の指示に従わせる従来の教育では、この大切な「 …

【未就学児童の早期療育に必要なこと】

【未就学児童の早期療育に必要なこと】 スパーク協会の岡田です。私たちは、児童発達支援や放課後等デイサービスなどに必要な療育プログラムを開発・普及しています。「スパーク運動療育®︎」には、室内の個別療育や屋外の小集団療育な …

【ネイチャースパーク@長野県白馬村】

【ネイチャースパーク@長野県白馬村】 今年も2泊3日で白馬に行ってきました。ネイチャースパークの狙いは、子どもたちが保護者と一緒に大自然の中で、普段なかなか出来ない遊びを経験することです。もちろんスパークですから五感をフ …

運動療育士・資格認定講座3日目

【運動療育士・資格認定講座3日目】 3日目は、「スパーク運動療育®︎」の現場を再現しながらの実技研修。 発達段階の低い未就学児童を想定し、子どもの注意を引き、興味を膨らませ、運動とやり取りを引き出す。そして常に褒める。 …

「楽しみながら脳機能測定、自閉スペクトラム症を86.2%の精度で診断」パワフルな装置が出来ましたね!

「楽しみながら脳機能測定、自閉スペクトラム症を86.2%の精度で診断」パワフルな装置が出来ましたね! ※ 医療関係者用ページです。閲覧制限がありますので、ご了解ください。

« 1 2 3 31 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP