脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。
スパーク新着情報

運動と脳

子どもが大好きな遊びの力は絶大です。

子どもが大好きな遊びの力は絶大です。たとえそれがゲームであっても。そして、親が一緒になって楽しむのが何よりいい! スパーク運動療育®︎では、保護者も子どもと一緒に運動遊びを楽しんでいます。 記事はこちらへ &#x25b6 …

運動療育士認定講座5月前期終了しました!

運動療育士認定講座5月前期終了しました! 心に働きかけるアプローチを徹底的に繰り返し実践。脳の機能のサポートや、やる気を継続させる技術など、中身の濃い〜三日間が終わりました。 明日からは実地研修です。 実際の現場でさらに …

我が子の発達障害から地域への貢献を決意する女性たち

スパーク協会の岡田です。素晴らしいお母様ですね! スパーク運動療育®︎の利用者の中には、地域の子どもたちのために発達支援の事業所を開設した方もいらっしゃいます。 「スパークスタジオみなみ野」を設立された 柳澤真紀子さんの …

「静かに座っていなさい!」は逆効果。

「静かに座っていなさい!」は逆効果。 子どもは、教室で動いている方が良いとわかったのです。 発達障害の早期療育「スパーク運動療育®︎」では、積極的な運動と関わりで子どもたちの脳を活性化しています。 ジョン・レイティ博士は …

子どもの「問題行動」の奥には、必ず何かメッセージがあります。

子どもの「問題行動」の奥には、必ず何かメッセージがあります。 それを理解してあげれば良いのです。 スパーク運動療育®︎では「心がポジティブに動くアプローチ」と呼んでいます。 TMC(THE MEHRIT CENTRE, …

放ディ(放課後等ディサービス)では「発達障害児」の生きづらさは解消できない!

放ディ(放課後等ディサービス)では「発達障害児」の生きづらさは解消できない!   保健先進国の日本では、1歳半や3歳児健診で「発達障害の可能性=グレーゾーン」を知ることができます。けれど「様子をみましょう」で早期療育のチ …

《 スパーク初台センター5月の個別見学・相談会 》

「様子をみましょう」を「療育しましょう」へ 今週末から始まるGWの予定はもうお決まりですか? スパーク初台センター5月の個別見学・相談会は、5/1・5/2 です。 もし、お子さまの発達についてご不安がありましたら、ぜひ一 …

「様子をみましょう」から「療育しましょう」へ!

発達障害の子どもたち(グレーゾーンを含む)も、いつか大人として自分自身の人生を歩みだしはじめます。 大人になったときに、どんな子ども時代を過ごしたかということが、自己肯定感や心の支えをつくる上で貴重なことがよくわかります …

NHK「あさイチ」で今朝「発達障害」が取り上げられました。

NHK「あさイチ」で今朝「発達障害」が取り上げられました。 グレーゾーンの子どもたちへの対応を「どうしたらいいかわからない」ご両親の悩みは深いですね。 1歳半検診等の早い時期の「早期発見」と「早期療育」を受けることで子ど …

4月前期の認定講座が行われました!

4月前期の認定講座が行われました! 今回は大阪の認定事業所から2名と、東京本部から1名が受講されました。 幼児教育の学校を卒業されたばかりの方、昨年まで高校の教師だった方など運動療育士という新たな道をスタートされた方々の …

« 1 13 14 15 32 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP