脳を発達させるのは運動です。運動であらゆる子どもの可能性を高める社会的運動「SPARKムーブメント」を推進しています。
スパーク新着情報

運動と脳

たった週に1度1時間だけ。

たった週に1度1時間だけ。 それでも、運動をした人は、うつ病の発症率が低い。 世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』の著者であり、当スパーク協会特別顧問、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェ …

運動が認知症の発症を遅らせることができる

運動が認知症の発症を遅らせることができる 当スパーク協会・特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪ 「運動は脳の新しいニューロンの数を増やすだけでなく、細胞の形状や働きを変化させることも …

スパーク協会 特別顧問 鈴木寛氏

この度、理事から特別顧問に就任頂いた鈴木寛氏をご紹介します。 政治家で、社会学者でもある鈴木寛氏。 1964年生まれ。東京大学法学部卒業後、86年通産省入省。 その後、慶應義塾大学助教授を経て、2001年参議院議員初当選 …

『へんてこな贈り物』(原題は”Driven to Distraction”) Edward M. Hallowell M.D. (著), John J. Ratey M.D. (著)

『へんてこな贈り物』(原題は”Driven to Distraction”)によって、注意欠陥障害という特性の存在がアメリカ中に知れ渡ったと言われています。 共同著者の、当スパーク協会の特別顧問で …

「パラダイムシフトのために読むべき10冊」のうちの1冊に!

当スパーク協会特別顧問・ジョン・レイティ博士の著書『脳を鍛えるには運動しかない』が、 ハフィントンポストの「パラダイムシフトのために読むべき10冊」のうちの1冊に選ばれました! https://www.thrivegl …

もし運動不足そのものを病気として捉えれば

もし運動不足そのものを病気として捉えれば 医者も適切な運動を処方する価値がわかるし、認知行動療法を含むリバビリのプログラムがより確立するという訳だね。 医療費も大幅に削減出来るかも…。 世界的ベストセラー『脳を鍛えるには …

『運動は脳を鍛える』。

『運動は脳を鍛える』。とはいえ、現代っ子を一年中活発にさせることは、親にとっては大いなる挑戦! せめて、一週間に一度で1時間、子供をアクティブに過ごさせるための方法とは? 当スパーク協会の特別顧問であり、世界的ベストセラ …

定期的な運動は、高齢者に健康に有益な利益をもたらす

定期的な運動は、高齢者に健康に有益な利益をもたらす 当スパーク協会の特別顧問であり、世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』などの著者であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事 …

若年期に運動をすることがよい影響を与えるのではないか

若年期に運動をすることがよい影響を与えるのではないか トロント大などの研究者がラットで行った実験結果を『Neuro』で発表。 世界的ベストセラー『脳を鍛えるには運動しかない』『GO WILD』などの著者であり、スパーク協 …

脳と心のために。

脳と心のために。運動は何歳からはじめても 遅すぎることはない。 スパーク協会特別顧問、ハーバード大・ジョンレイティ博士の言葉。 レイティ博士、来日時の講演で、紹介していたのが、現役ボディビルダーで、パーソナルトレーナーと …

1 2 3 14 »

過去の投稿

  • twitter

書籍

SPARK of the World



PAGETOP