早期発見・早期支援が大切なことは良く知られています。

しかし、ポイントは支援の内容です。児童発達支援事業所は全国に5,000箇所以上ありますが、支援内容はそれぞれ異なります。

多くの事業所では大人の指示で子どもに何かをさせる「行動的介入」を行なっていますが、スパーク運動療育®︎では感情の発達を促すために、運動療育士®︎が子どもと同目線で一緒に体を動かし積極的に関わって遊ぶ「発達的介入」を行なっています。