子どもは、子ども同士の遊びを通して発達します。

その原動力は「友だちと一緒に遊びたい」という気持ちです。ところが発達障害児の場合、その気持ちは同じでも、先天的な脳機能の特性が遊びに参加することを難しくしています。

そこでスパーク運動療育®︎では、誰でも遊びに参加できるように、運動療育士®︎が豊かな「遊び場」をつくり、子どもと同目線で体を動かし関わりながら、圧倒的に面白い遊びを創造して子どもの感性を高めています。

そのために必要な自己解放などの基礎トレーニングも欠かしません!