【スパーク運動療育®︎の特徴:その⑤】

早期発見・早期支援に適した療育。

日本には世界に誇れる育児システムがあります。それは、自治体による1歳半・3歳児健診です。この健診で身体の健康だけでなく、発達の遅れが指摘されるケースも多いのですが、問題はその後の支援システムの欠如です。また、発達障害の場合は医師が診断を確定せずに「様子をみましょう」となる場合が多いのです。そうなると、どうして良いか分からずに困るのは保護者です。

発達の遅れは適切な療育で取り戻せるので、きちんとした早期支援システムを構築して、「様子をみましょう」ではなく「療育しましょう」とするべきなのです。そして、幼児期の子どもに必要なのは、学習やソーシャルスキルではなく、感覚・感情の発達です。積極的な運動とやり取りで感覚・感情の発達を促すスパーク運動療育®が未就学児童の保護者から支持される理由がここにあると思います。