【スパーク運動療育®︎の特徴:その③】

発達段階を押し上げる「進化プログラム」に沿った療育。

子どもは誰でも「注意を向ける→興味を持つ→人と関わる→」という段階を踏んで感覚や感情などの機能を発達させ、社会性を獲得していきます。ところが発達障害児は先天的な脳の特性のために、この段階のどこかが苦手で足踏みしている場合が多いのです。そこでスパーク運動療育®︎では、独自の「進化プログラム」に沿った運動とやりとりを展開して発達段階を押し上げます。

このプログラムは発達アセスメントと療育計画のツールとしても活用され、特に人と関わることが苦手な発達段階の低い子どもに抜群の効果を発揮しています。