創造力ゆたかな子を育てる

教えない、ほめない、しつけないと子どもの能力はぐんぐん伸びる!という衝撃的な発言をしているのは、ソニー時代に「NEWS」や「AIBO」などのヒット商品を次々に開発したことで知られる土井利忠(天外伺朗)氏です。
彼は、創造力豊かな子どもを育てるには、今までの「国家主義教育学」から、新しい「人間性教育学」へと大きく教育の方向を転換することが必要だと述べています。

確かに、発達障害児や不登校児がこれだけ増えている現状に鑑みると、育児や教育の在り方が根本的に問われているのは確かです。
スパーク運動療育®︎では、大人が一方的に行動指示をするのではなく、子どもの興味や好奇心から行う積極的な運動とやり取りを通じて心と体の発達を促し、感覚・感情そして創造力・コミュニケーション力を育てています。