【子どもの「人と関わるという感覚」を育てる】

子どもは自分の興味や好奇心から自主的に行う「遊び」を通じて脳を発達させ、社会的なことを学んでいきます。決して大人が指導することではありません。

スパーク運動療育®︎では、年齢や発達段階が低い子どもを対象に、運動療育士®︎が子どもと一緒に体を動かしやり取りをしながら「注意を向ける・興味を持つ・人と関わる」という社会性の初期段階から丁寧にサポートしています。

幼少期のこどもには、感覚・感情の発達が大切なのです。