【発達障害の早期支援はスパーク!】

1歳半・3歳児健診で発達の遅れが指摘されたら、様子を見るのではなく、迷わず適切な療育をしましょう。

注意を払う・興味を持つ・人と関わるという発達初期に必要な感覚・感情・運動機能を育てる「スパーク運動療育®︎」は、未就学児童の発達支援で絶大な効果を発揮しています。

スパーク運動療育を受けられる事業所の一覧はこちらです。

全国のスパーク認定事業所一覧