【療育なんかいらない?】
スパーク協会の岡田です。表題のような意見があると聞いています。もちろん、療育にも様々な方法があるので一概には言えませんが、私はそれぞれの子どもにとって必要な療育はあると思っています。
「スパーク運動療育®」︎では、運動が脳を活性化して感情のコントロールを容易にするという脳科学(SPARK)と、行動の原動力は感情であるという発達心理学(DIR)のフロアタイムの考え方を基に、「遊びの力」をフルに発揮する独自の療育を開発し実践しています。
「遊びの力」で自閉症の子の社会脳が目覚めたというヨーク大学の療育研究の成果を報道したニュース番組を是非ご覧ください。これも療育の一つなのです。http://www.cbc.ca/player/play/2220350494