【スパーク運動療育®︎の基本的な考え方】

発達障害が増加する現代社会

地球環境問題も同じですが、発達障害の増加という社会問題は、現代の社会づくりに対する警鐘と言えます。

今、私たちの社会は軌道修正を求められているのです。

子育てはどうあるべきか

スパークが目指すのは、療育に関する軌道修正です。

幼少期の子どもにとって最も大切な「学び」とは何でしょうか?

それは、大人の指示による勉強ではなく、子どもが自分の興味や好奇心から自主的に行う「遊び」を通して得られる社会的な「学び」だと思います。

そのために、スパークでは「共動・共感」という考え方を実践しているのです。