【少年の閉ざされた心の鍵を開けたのは…】

発達障害の疑いがあるとされ、自分の感情が抑えられなくて周囲と上手く関われなかった加藤くん。「トラブルの原因は障害だけでなく環境の問題もある」と専門医に言われた担任の先生が、二人三脚で取り組んだ物語です。

そして2年半後、加藤くんは「みんなでいることが楽しい」と言えるまでになりました。

本気で向き合い、心から関わった島中先生と加藤くんにエールを送ります!