「子どもが言うことを聞かない」そんな時に、私たち大人は、子どもの気持ちを無視して強い口調で行動指示をしがちです。しかし、それでは子どものストレスが増す一方で感情も豊かに育ちません。

スパーク運動療育では「行動指示ではなく、心に働きかけるアプローチ」で運動とやり取りを促しています。この方法なら、子どものストレスは和らぎ、落ち着いて、一緒に運動とやり取りが楽しめるようになります。その結果、子どものコミュニケーション力も高まります。そして、このノウハウを習得しているのが、日々研鑽している「運動療育士」たちなのです。