スパーク協会では、1歳半や3歳児健診でグレーゾーンが疑われたら「様子をみましょう」ではなく「療育しましょう」へと社会の意識を変えるべきだと思っています。