「静かに座っていなさい!」は逆効果。

子どもは、教室で動いている方が良いとわかったのです。

発達障害の早期療育「スパーク運動療育®︎」では、積極的な運動と関わりで子どもたちの脳を活性化しています。

ジョン・レイティ博士は、当協会の特別顧問です。