運動はうつ病、不安、ADHDの減少に大きな影響を与えていることが最近の研究によって証明されている。
ハーバードメンズヘルスウォッチ研究では、運動は定期的かつ集中的に健康な血圧を維持し、集中力を高め、ストレスと不安を低下させる。
それは、記憶機能と集中力の改善に関与する運動が化学物質(BDNF)を放出するからだと報告されている。あなたが運動すると、より多くのBDNFを活性化する脳細胞がより多く使われるからだと説明。

実際、ブリティッシュ・コロンビア大学は、2012年の調査で同様の結論に達し、定期的な運動が記憶と集中の原因となる海馬の領域を高めることを発見した。

ライフスタイルの習慣を変えるのに遅すぎることはありません。

当スパーク協会特別顧問であり、『脳を鍛えるには運動しかない』の著者で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪