運動は、軽度の認知障害のための最重要処方箋です
アメリカン・アカデミー・オブ・ニューロロジー(AAN)の新しいガイドラインでは、軽度認知障害(MCI)患者の記憶と思考を改善するためには、薬理学的薬物療法ではなく、有酸素運動を推奨しています。

当スパーク協会特別顧問であり、『脳を鍛えるには運動しかない』の著者で、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より♪