研究は、身体活動が、認知能力や態度、学問的行動、学業成績など、学業成績のさまざまな側面に関連している可能性があることを示しています。

当スパーク協会特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。


http://www.miamiherald.com/living/health-fitness/article184599228.html