脳の悪化を減らして加齢に伴う衰退を防ぐのに役立つ脳由来神経栄養因子(BDNF)という化学物質を産生するように運動すると、報道されている。

データは、有酸素運動が高齢者の脳の大きさの劣化を遅らせることができることを示した。
言い換えれば、運動は脳の機能を維持し、老化に抵抗することができるのです。

当スパーク協会特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。