遺伝子はADHDに影響を与えるが, 環境も原因と治療法と同様に大きな役割を果たしている。
つまり, 睡眠, 運動, 食の変化など、簡単な方法でADHDの症状に影響を与えることができるのです。

当スパーク協会特別顧問であり、ハーバード大・ジョンレイティ博士がシェアしていた記事より。