4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です
国連総会において、カタール王国王妃の提案により、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」とすることが決議され、全世界の人々に自閉症を理解してもらう取り組みが行われています。

我々スパーク協会の夢は、自閉症だけでなく、すべての人がストレスなく個性を伸ばせる社会をつくることです。