発語が急増し、劇的に成長した小2・男子

5歳のとき発語は9語。言語聴覚士に「これ以上の発語はのぞめない」と宣言されたYくん。

感情を表に出さず、興味をあまり示さない子でしたが、「高い高い」のような動きが好き。

手助けされてジャンプをたくさんすると、しだいに「もっとやりたい」という欲求が高まり、表情が明るく生き生きと変化。

さらに欲求を引き出すようにしているうち、感情も伝えるようになってきました。

スパーク運動療育®を週4回半年実施して、発語が26語になり、小学校に上がるころには片言であいさつや自分の名前が言えるまでに成長しました。

::::::::
【発達障害児を支援なさってる事業所や、起業をお考えの方に】
他の事業所、トレーナーと差別化するために、ぜひ。
我々「SPARK協会」は、3年間で500人以上の、自閉症やADHDなど発達障害児を「SPARK運動療育®」で劇的改善してまいりました。

最新の脳科学と発達心理学を用いた、世界で唯一の「SPARK運動療育®」を、お伝えする活動を行っています。

6月の「SPARK運動療育士」資格認定講座開催日程は、
6月18日(土)19日(日)25(土)26日(日)
すべて10:00―17:00
お問い合わせ、ご参加は
http://www.spark-method.com/spark/certification_courses/

ab973b7a6629ce0df36d