国は学童保育のような障がい福祉事業を増やそうとしている

日本には障がい者は787.9万人(内閣府HP)もおられます。

実は要介護認定者618.3万人(平成28年1月恒例労働省HPより)よりも多いのです。

国としては将来の財政負担を軽減させるために、子どもの頃から療育を提供し、自立支援を促すために学童保育のような障がい福祉事業を増やそうとしています。

そこで、船井総研が緊急提言!
【無料】3分で読める! 最新成功事例レポートプレゼント中。
お申し込みは⇨http://www.spark-method.com

46a5476442afcacccf71